豚の雄臭をコントロールする免疫学的製剤はオーストラリアで開発され、 ファイザーアニマルヘルス. によって製造されています。この製剤は1998年に発売開始となりました。長年の実績により、この製剤は60ヵ国以上に導入され、さらに引き続き世界中に紹介されています。

専門家の意見

 

文献において専門家は、 ワクチン, 免疫学的去勢 (immunocastration)あるいは ou 免疫学的製剤 (immunological product) といった用語を使用しています. これらは全て同じ技術を指しています。

「われわれは、動物愛護の精神にもとづく食肉生産を行うべきである。雄臭をコントロールするために、去勢の代わりに免疫学的製剤を取り入れることは、よりよい動物福祉を保証するものであり、支持されるべきである。」
-Dr. John Mackinnon養豚コンサルタント獣医師18

Prof. Dr. Rico Thun , は、チューリッヒ大学の繁殖医学臨床施設(Reproductive Medicine Clinic)に勤務し、豚の雄臭コントロールに免疫学的製剤を使用することは、若い家畜の屠殺や麻酔下の外科的去勢に比べて、大きな利点があるとしています。「免疫学的製剤は、動物にやさしいばかりでなく、有効性が高く、確実で実用的であり、現在のところ雄臭を防ぐための最善の選択肢である。」 28

「雄臭コントロールのために免疫学的製剤を使用することは、動物福祉の改善、処置費用の節約の可能性や、豚の高い成長率による利益を含めて、外科的去勢が及ばない幾つかの公共的利点のみならず農業経営上の利点をもたらす。われわれの調査によると、免疫学的製剤の使用は、社会的に非常に見込みのある選択肢であることが示唆される。」
Dr. Carl Johan Lagerkvist , ら 29

Professor Dr. Frank Dunshea によると、最も将来性のある外科的去勢の代替法は、雄臭をコントロールするために免疫学的製剤を使用することであり、これは精巣の正常機能を抑制させるために、動物の免疫システムを利用したものである。 「免疫学的製剤の使用は、性成熟に伴う不快臭のリスクなしに、出荷間際まで非去勢豚の発育の良さを維持できることから、非常に将来性がある。さらに、飼料摂取量と増体にみられる改善および、動物間の争いや性行動が抑制されるという利点もある。」
Prof. Dr. Frank Dunshea は , オーストラリア、メルボルン大学(University of Melbourne)27

"オーストラリア、メルボルン大学(University of Melbourne) "
Prof. Michael E. Dikeman は , カンザス州立大学動物科学・産業学部(Department of Animal Science and Industry, Kansas State University) 31

「インテグレーターの意思決定者であれば、子豚の外科的去勢の結果として失われてきた飼養効率の回復や飼料要求率の改善といった利点にすぐに気付くであろう。」
Prof. Dr. John Deen は , ミネソタ大学集団獣医学(Veterinary Polulation Medicine, University of Minnesota)



 

消費者の考え



参考文献

#