消費者は、雄臭をコントロール方法として免疫学的製剤の使用することに賛成しています。現に、オーストラリアとニュージーランドでは1998年以来、免疫学的製剤を投与された雄豚の豚肉が消費されてきました。



 

ヨーロッパ、アジア、オーストラリアにおける2004-2008年での市場調査では、外科的去勢に代わる方法としての免疫学的製剤の使用について、消費者の賛同が得られていることが明らかになりました。12-15,26

さらに、7カ国5,300人を超える消費者の圧倒的多数は、雄臭をコントロールするための免疫学的製剤の使用を容認できるとし、外科的去勢よりも好ましい方法であると判断致しました。12-15,26



 

よくある質問



参考文献

#