当初から豚肉生産は、養豚家によりおこなわれてきました。健康な豚を飼育し、人の食用のために高品質の豚肉を提供できるよう、最高また最新の技術を利用しながら、養豚業界は世界各地で発展を続けています。

豚の育成ステージ
豚は4ステージで育てられます:

Suínos

  1. 多数の雌豚 成熟した雌豚や未経産豚 ocorre quando as fêmeas (成熟した雌豚未経産豚) が交配され交配-妊娠します。雌豚の妊娠期間はほぼ3ヶ月3週間と3日(114日)です。
  2. 妊娠豚の分娩が近くなると、ほぼ4週間分娩舎へ移され、そこで出産し(分娩し)、厳密に温度管理された環境で子豚を育てます。
  3. ひとたび離乳すると、子豚はほぼ8-10週齢になるまで育成舎で育てられます。
  4. 養豚の最終段階は育成-出荷、または肥育期と呼ばれ、豚は市場に出荷する基準体重に達するまで飼育されます。豚は通常5 - 6ヶ月齢で食肉用に販売されます(この月齢を過ぎた豚を使う国もあります)。去勢されていない雄豚に雄臭が発生し始めるのはこの時期です。



 

次ページ - 豚の雄臭とは



参考文献

#